★医学部予備校あなたは集団指導派?それとも個別指導派?★

個別指導塾型の医学部予備校が最近は増えており、合格実績が豊富な教室も少なくありません。やはり生徒1一人にかけられる時間が多いので、生徒の希望や課題に応じて柔軟に指導できるのが学習効果を高めているのでしょう。ただし、集団指導だってそれなりのメリットがあります。やはり同じ医学部を目指す受験生と一緒に勉強することは、刺激にもなり、支えにもなります。個別指導よりもモチベーションの維持は容易でしょう。では、自分は集団指導派か個別指導派か、どちらの医学部予備校が合うかは現在の学力と性格が大きく影響してくると思います。集団指導の医学部予備校はどっちかと言えば要領の良い生徒におすすめです。勉強のペース配分や学習計画を自ら立てて目標通りに実行できるので、集団指導のレベルの高い授業でどんどん勉強していったほうが学力は伸びます。復習・予習のやり方も自分で確立したり、講師に進んで相談して教えてもらったりできるので手厚い指導がなくても成績が伸びていきます。また、負けず嫌いな性格の人も集団指導の医学部予備校のほうが良いでしょう。他の生徒が頑張ったり結果を出している状況を目の当たりにできるので、勉強の集中力も高めることが可能です。いっぽう、個別指導の医学部予備校がおすすめなのは、医学部合格には学力がまだまだ足りない人、そして自分に甘い性格の人などとなります。学力が低いということは、勉強のやり方をまだ理解していない人が多いと思います。そんな人は、マンツーマンの個別指導で講師から復習や予習のやり方をゼロから教えてもらう必要があります。ただやみくもに勉強しても学力を上げるのは難しく、医学部合格までに相当な時間を要してしまいます。また、自己管理ができない人も個別指導がおすすめです。徹底的に学習状況や理解度を把握することが可能なので、常に何をいつまでにすべきかを細かく指導してもらえます。以上のように自分の学力と正確に合わせて集団指導か個別指導かの医学部予備校を決めていくと良いでしょう。